「 京都丹州もくもくフェスタ 」 ってなに?

知ってもらいたい! 「 京都丹州材 」



皆さんのいつもの暮らしの中に、木はどれくらい使われていますか?
その木は、どこで生まれたものですか? 京都? それとも海外から来た木?


綾部・福知山・舞鶴・宮津・・・。
由良川が流れる京都府北部(丹州)に たくさんあるもの。
それは・・・「 森林 」です。

豊かな森林が雨水を溜めてくれるから、
由良川のような川が 地域をうるおしてくれます。

川が枯れたり、逆に洪水になったりしないよう、
山を手入れし、明るい森を増やすことが大切です。

0608.JPG



地元の木を使うことは、地元の森を明るく育てることにつながります。

もっともっと、京都の森のことを知ってもらいたい!

京都の木に触れて、楽しんでもらいたい!


そんな想いで開催するのが、「 京都丹州もくもくフェスタ 」です。
丹州地域で育った木がたくさん集まり、皆さんのもとへ旅立って行く場所が
綾部市にある「 京都丹州木材市場 」 です。

0608_2.jpg


10月11日(土)。
「 木材市場 」 を舞台に、楽しいイベントを皆さんにお届けします。

丹州で生まれ育った木を見ていただきながら、
ご家族でご参加いただける競技大会 「 京都そまびと選手権 」 や、
アウトドアスポーツ体験コーナー、地元食品の販売や、
木の市場のセリ体験、山で働く大型機械のデモ実演などなど・・・。
お子様から大人まで、ご家族が楽しめる楽しい、めったにない1日。

行楽の秋のお出かけに、ぜひ、皆様お揃いでお越し下さい!




contact.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。